建設分野(建設部)

専門課程 電気通信研修

目的電気通信技術に関する総合的な専門知識を修得させることを目的とする。
以下の各点を重点項目とする。
① 電気通信業務の最近の動向・今日的課題を把握させると共に、関連法規、指針等についての理解の向上
② 電気通信分野における専門知識の基本から最新技術までを修得させるほか、関連分野についても幅広く修得させることによる専門技術力の向上
③ 「課題研究」による討議・情報交換を通じて、電気通信分野に関する行政上・技術上の問題解決・企画立案能力の向上
④ 「通信網運用管理演習」による、IPネットワーク障害時の的確な対応
対象職員国土交通省、内閣府沖縄総合事務局、都道府県、政令指定都市、特別区、市町村、独立行政法人等の技術系職員で、電気通信に関する業務を担当し、次のいずれかに該当する者
① 係長又はこれと同等の職にあると認められる者
② ①の者と同程度の能力を有すると認められる者で、原則として電気通信に関する業務を通算1年以上経験した者
研修期間12日間
研修時期平成29年11月27日(月)~平成29年12月 8日(金)
前年度参加者の声・様々な分野に精通した講師の方々の専門的な講義を聞くことができ、また過去の経緯から最新の動向までが分かりとても参考となった。(地方公共団体職員)
・本県では、このような研修機会がなく、独学で習得は行っていたが、今回、知識だけでなく前後の背景や、最近の動向など、全般的な情報を整理できるよい機会であった。(地方公共団体職員)