建設分野(建設部)

専門課程 土砂災害防止対策 〔警戒避難等〕研修

目的土砂災害防止に関する総合的な専門知識の修得を図ることを目的とする。
以下の各点を重点項目とする。
① 土砂災害防止法における法の適用、基礎調査から警戒区域等の指定・警戒避難体制の適用までの一連の知識を体系的に修得すると共に、課題研究を実施して問題解決能力・企画立案能力の向上
② 土砂災害特別警戒区域の指定及び警戒区域等指定における住民との合意形成に関する取組みや警戒避難体制の整備に関する管理・運用の修得
対象職員国土交通省、内閣府沖縄総合事務局、都道府県、政令指定都市、市町村の職員で、土砂災害防止対策に関する業務を担当し、次のいずれかに該当する者
① 係長又はこれと同等の職にあると認められる者
② ①の者と同程度の能力を有すると認められる者
研修期間5日間
研修時期平成29年 5月15日(月)~平成29年 5月19日(金)
前年度参加者の声・日頃経験できない土砂法に関する知識を修得できた。また、防災教育や情報発信の先進事例についても聞くことができた。(地方整備局職員)
・警戒避難体制の整備に向けての基礎的な事や、実際に他県の取り組み状況を知ることができ、職場に戻ってから取り入れられそうな内容であった。(地方公共団体職員)