建設分野(建設部)

専門課程 道路環境〔環境対策・道路空間利用等〕研修

目的道路行政の環境問題対応及び道路空間利用等に関する基本知識からより高度な専門的知識までを幅広く修得させることを目的とする。
以下の各点を重点項目とする。
① 道路行政における道路環境対策及び道路空間利用等の推進に必要な行政上の幅広い知識の修得
② 地球環境問題、沿道環境問題、環境アセスメント制度等に関して、専門的かつ最新の知識の修得
対象職員国土交通省、内閣府沖縄総合事務局、都道府県、政令指定都市、特別区、市、独立行政法人等の技術系職員で、道路に関する業務を担当し、次のいずれかに該当する者
① 係長又はこれと同等の職にあると認められる者
② ①の者と同程度の能力を有すると認められる者
研修期間5日間
研修時期平成29年 9月 4日(月)~平成29年 9月 8日(金)
前年度参加者の声・道路環境における現状、課題の他、環境影響評価の基本的な流れ等(配慮書、方法書、準備書、評価書の一連の流れなど)幅広く学ぶ事ができた。
 また、道路空間利用について賑わいのある道路整備の考え方及び手法について学べたので今後の道路整備に役立てていきたい。(地方整備局職員)
・環境影響評価ばかりでなく、地球環境問題や地域の賑わいを作るため道路が何を出来るか等、幅広い知識を学ぶことができ非常に良いと感じた。(地方公共団体職員)