建設分野(建設部)

専門課程 PPP/PFI研修

目的厳しい財政状況の中で真に必要な社会資本の新規投資及び維持管理を着実に行っていくために必要な、PPP/PFIに関連する知識の修得を図ることを目的とする。
以下の各点を重点項目とする。
① PPP/PFIの背景・必要性の認識
② PPP/PFI制度についての理解
③ PPP/PFIの案件形成方法の修得
また、知識の修得のみならず、新たな着想を生むための議論の場を提供することを重点事項とする。
対象職員国土交通省、内閣府沖縄総合事務局、都道府県、政令指定都市、特別区、市町村、独立行政法人等又は団体の職員
研修期間4日間
研修時期平成29年 8月22日(火)~平成29年 8月25日(金)
前年度参加者の声・PPP/PFIについて基礎的な知識から、先進的な事例までと幅広く学ぶことが出来た。
今後、PPP/PFI事業が推進されていくと予想されるため、事業の担当となった際に活用したいと考えている。 (地方公共団体職員)
・講義の中で大変多くの事例について話を聞くことが出来、参考になった。また、様々な自治体や民間企業からの参加者と情報交換が行えたことも有意義であった。(他省庁職員)