都市・建築・用地分野(計画管理部)

都市・建築・用地分野紹介

(1)都市行政

都市を取り巻く情勢は、人口減少・少子高齢化、社会資本の維持・管理費の増大、地球環境問題や防災対策など多くの課題を抱えています。都市行政の研修では、課題解決能力の向上を図るため、研修員参加型の研修に重点を置いています。具体的な課題地を設定し、班別に現地調査を行い、討議、資料作成、全体討議で発表し、質疑に学識経験者から講評をいただくという課題研究を通じて、実践的な能力の向上を目指します

(2)建築

建築分野の研修は、官庁営繕行政(官庁施設の整備・保全)、住宅・建築行政を扱っています。学識経験者、実務家、本省担当者による最新の情報提供に加え、グループで取り組む課題研究、建築物点検や構造設計図書審査の演習、著名な建築家や先進的な自治体による現地講義など実務に役立つカリキュラムとしています。

(3)用地・契約等

社会資本整備は、国土の基盤形成、経済の活性化、国民生活の向上に資する重要な施策であり、効果的、効率的に進めることが一層求められています。入札契約、用地、土地収用の研修では、研修員が実務上悩んでいる事例を題材にして、研修員同士で議論し、民法等の法律の分野については専門の弁護士が、行政の分野については本省担当者が解説を行う事例研究を中心に構成しており、問題解決のプロセスを重視した実践力の向上を図ります。

(4)建設産業・宅地建物取引等

建設産業、宅地建物取引についても、最新の情報、今日的課題に対応するカリキュラムとしています

(5)階層別

国土交通省職員を対象とした研修です。

※研修についてのお問い合わせ先:042-321-6947

最近の研修紹介

~都市行政[都市経営と官民連携型のまちづくり]~
本研修は、国土交通省、地方公共団体等の職員で、係長又はこれと同等の職、あるいは同程度の能力
を有すると認められる職員を対象として、都市のリノベーションやエリアマネジメントなど、官民の
空間の活用を図りながら都市の魅力を増進するまちづくりについて、戦略的な都市経営と官民連携に
関する基本的知識や、各地域の特性を活かした民主導のエリア単位の活性化方策について、具体都市
の事例も含めた知見の修得を図ることを目的として実施しました。

実施期間 平成28年11月7日(月)~11月18日(金)

saikin_kenshu2016
(現地調査(フィールドワーク)の様子)

saikin_kenshu2016
(全体討議(プレゼンテーション)の様子)

=講義内容=

○学識経験者等による講義
・自立型のまちづくり会社と公民連携の都市再生
・部分から全体へ拡がる新しい都市経営戦略
・人口減少時代の都市計画・まちづくり
・賑わいを呼ぶまちづくり
・エリアマネジメント
・公共空間のリノベーション
・シティプロモーションとメディア戦略
・PPPによる駅前公有地開発「オガールプロジェクトの価値」

○課題研究(ゼミナール)
千葉県流山市の江戸川台駅周辺地区を課題地として、同地区が典型的な高齢化の進む郊外型住宅地で
あるという認識のもと、都市再構築の時代における既存ストックを活用した戦略的な都市経営と官民
連携型のまちづくりとして行うべき市の施策について提案を行うことを課題として、現地調査、班別
討議、全体討議(プレゼンテーション)を実施しました。